調理法によって素材の味が変わるように、お酒も調理法(ここでは温度帯)によって味わいが変化します。刺身など、素材をそのまま愉しむものを「冷酒」とするならば、焼き物・煮物など、手を加えたものが「お燗」に当たります。

お酒という素材に手を加える(お燗をつける)ことが飲食店様にもたらすメリットが3つございます。

【⒈旨さ ⒉食との相性 ⒊カラダに優しい】

今まで「手間が増える」「お燗の環境がない」などを理由で取り組めなかった。とのお声を多く耳にしますが、3つのメリットを知っていただき是非お取り組みいただければ幸いです。

温めることで日本酒の味わいが豊かになります。

お燗する温度により色々な味わいの変化を楽しめます。

日本酒全体にも言えますが、特にお燗酒は色々な食との相性が抜群です。

血行も良くなるので食欲も増し料理もすすみます。

 

 

体温に近い燗酒は飲んでいるペースでゆったりと酔いが進みます。

心身ともに温まり飲みすぎも防ぐことができます。