勝鬨酒販株式会社|東京築地酒のかちどき

泡盛:照島

照島が造られているのは那覇から約117キロ、沖縄県の有人島で最北端に位置する伊平屋島(いへやじま)。照島は1948年の創業当時から島民から親しまれてきました。手間をかけて管理された麹と硬水と軟水の中間である「上の川(イーヌカー)の天然湧水」を使い、オリジナルの濾過器を使用によって芳醇な味わいと豊かな香りが醸し出されます。伊平屋島酒造所で作られる泡盛は7割が島内消費なんだとか。

伊平屋島
照島ラベル

ラベルは創業当時から変わっていません。

商品名の由来は伊平屋に残る岩戸伝説の天照大神の「照」と組合設立当初に首里から来た当時の島袋さんの「島」に由来。

早速飲んでみました!

・香りは芳醇で甘く、甘酒や海外のグミやキャンディーみたいなニュアンスを感じました。
・口に含むと優しく柔らかなお米、綿あめのような甘味が広がり豊かな余韻が残ります。
・アルコール度数が30度ありますがストレートで飲んでもアルコールの角がなくてまろやかな印象。

飲み方はお好みで。

ロック・水割りは勿論ソーダ割りやお湯割りなんかもおいしかったです。
今回はロックでかりんとうと合わせてみました。

かりんとう照島

照島ロック × 黒糖かりんとう

かりんとうのジュワっとした甘みと香ばしさに負けない照島の甘みが相性バッチリの組み合わせでした。
この後も色々な料理と合わせてみましたが塩味の料理よりは甘辛系の料理やスイーツ等甘みがある物が相性が良かったです。

照り輝く太陽と手つかずの自然が残る誇り高き島、伊平屋島の泡盛をぜひお試しあれ♪

泡盛 / 照島(てるしま) 30度

照島/伊平屋島酒造所
原料/米
麹/黒麹
蒸留/常圧蒸留
1.8L 2,600円
720ml 1,300円