勝鬨酒販株式会社は飲食店様と共に歩む日本酒・本格焼酎・デイリーワイン・日本ワイン・ヴィンテージワイン等を取り扱う地酒専門店です

杉田酒造

  • HOME »
  • 杉田酒造
LINEで送る
Pocket

 

鴎樹 / 雄東正宗

おうじゅ / ゆうとうまさむね

栃木県 杉田酒造株式会社

栃木県小山市大字上泉237

明治初期に創業

栃木県小山市内中心部より車で20分ほどの静かな田園風景広がる「上泉(かみいずみ)」に明治初期に初代「杉田房吉(ふさきち)」が新潟より移り、 始めたのが杉田酒造です。現在も普通酒から大吟醸まで全量を佐瀬式槽搾りで行っております。 地名が示すとおり、地下水が大変豊富な土地で、仕込水は「日光山系伏流水」になります。

酒造り

杉田酒造さんの醸すお酒のコンセプトは「日本酒らしい日本酒」 です。 初代・杉田房吉は自らが酒造りをし、水質のすばらしさに旧中村上泉(なかむらかみいずみ)で造りを始め4代と続いております。 杜氏は約40年勤める南部杜氏、五代目が生まれた年から雄東正宗を醸している熟練杜氏から技術を学んだ五代目・杉田泰教氏が平成最後の酒造年度の杜氏として務め、 「造りは手間を惜しまず」をモットーとし、熟成酒が酒力(しゅりょく)の味深いお酒を醸してます。

杉田酒造株式会社

雄東正宗・発光路強力

雄東正宗
杉田酒造さんの代表銘柄。
創業当時の銘柄名は「優等正宗」でしたが、品評会で8回連続優等賞を受賞した際に当時の税務署長から「関東」の「英雄」と称えられた事から「雄東正宗」となりました。

発光路強力
希少な復活米・強力(ごうりき)を用いて醸した純米吟醸酒です。
栽培、収穫率等の問題で戦後は作られなくなり、鳥取県で復活させるまで幻といわれたお米です。小山市より北西に位置し現在は鹿沼市に合併された粟野町の当時の町長が、地元「発光路地区」で執り行われていた神事「強飯式」をきっかけに「強力米」の存在を知り、現地鳥取県に赴き種籾5粒を分けていただき栽培・収穫に至りました。同町や鹿沼市には酒造蔵がなく、知り合いの新聞記者に相談したところ小山市の杉田酒造さんが紹介され「米は粟野産。造りは小山」となりました。平成16年度より醸造。

鷗樹

限られた酒販店のみ取扱い可能な杉田酒造さんの「生もと造り」銘柄になります。

製造責任者の母校「白鷗大学」より一文字。母校のように地元に根付きさらに成長できるよう「樹木」の「樹」から「鷗樹」と名付けられました。

「生もと造り」は、仕込み水の加工及び培養された乳酸菌添加は一切行いません。あくまで日光山系伏流水をそのまま使用し、米と米麹。添加物といえるものは酵母のみです。

「生もと造り」由来の深みのある味わいはお燗にも最適です。また、当店では熟成向きの酒質であることから、冷蔵庫にてゆっくりと熟成させた「勝鬨熟成」もご用意しております。

鴎樹 生もと造り 純米酒 29BY

熟度がすすむにつれて燗付け温度をお上げください。

鴎樹 生もと造り 普通酒 29BY

常温または、燗がおすすめ。

PAGETOP
Copyright © 勝鬨酒販株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.