こんにちは、店舗スタッフの平田です!

先日の10月7日(金)、築地はしばさんにて第2回 築地はしば×酒の勝鬨コラボイベントを開催しました!

築地はしばさんは、築地市場から近くの住宅街の一角に佇む、隠れ家的なお店です。

ニューヨークで15年、その後東京・青山等で修業を重ねた寿司一筋30年の店主が、

ご自身の感性と遊び心を加えた、目に舌に嬉しい心躍る料理に仕上げます。

そして世界遺産・白神山地の「白神こだま酵母」と、北海道産の小麦、天然塩、国産きび砂糖等厳選した素材で、

パンコーディネーターの女将が焼き上げる、お酒にも合う「はしばのわぱん」。

天然木のカウンターで、ゆったりと素敵な時間を過ごせるお店です。

今回も前回同様、はしばさんのお料理一品一品にお酒を合わせていくスタイルとなりました。

それでは早速、その模様をご紹介したいと思います!

 

3

 

はしば酒の会vol.2、始まります~!

 

1

 

はしばさんのお客様方。お集まり頂きまして、大変感謝申し上げます!

お客様には、当日の内容は前回同様、何が出るかのお愉しみとなっております!

それでは早速、スタートです!

 

40

 

まずは1品目から。【 自家製ごまパンと蕎麦味噌和え 】

蕎麦味噌は、赤味噌と鰹節の旨味がしっかり効いた、お酒がすすむ濃いめの味わい。

胡麻香る自家製パンは、クリスピーっぽくカリッとした食感。

炒ったそばの実の食感にもピッタリな味わいです。

 

34

 

最初の一杯目は、麦焼酎【 豊永蔵 麦汁 超にごり 】のソーダ割り。

麦汁にごりのやさしい甘さが、鰹節の旨味と赤味噌のコクを受け止めます。

ソーダ割りでより香ばしい香りが立ち、喉越しも爽やかに。

 

41

 

2品目は【 汲み上げ湯葉のいくらのせ 】

湯葉のクリーミーさと、直前に醤油で軽く和えたいくらをのせた、優しい味わい。

 

32

 

お酒は【 一ノ蔵 特別純米 石井稔栽培米 26BY 】のぬる燗。

湯葉のクリーミーさに、ぬる燗で引き立つ優しい甘さが寄り添います。

 

42

 

3品目は【 車海老、山芋、しめじ、ごぼう、焼き茄子和え 】

鰹と昆布出汁の丁寧な旨味に、根菜のシャキシャキの食感と、焼き茄子の香ばしい香り。

 

35

 

お酒は【 手取川 純米大吟醸 ひやおろし 】を常温で。

こちらは食べながら口に含むと、綺麗に味の乗った程良い旨味と渋みが包み込む味わいに。

 

43

 

4品目は【 鯛とディルの昆布締め 】

ディルの爽やかな香りと、鯛の瑞々しい甘さ、昆布のしっとりとした旨みのある味わい。

 

29

 

お酒は【 鶴齢 特別純米 山田錦 ひやおろし 】を常温で。

柑橘系の香りと瑞々しい旨みが、ディルの爽やかさと鯛の瑞々しさを引き立てます。

 

37

 

次のお酒は日本酒かと思いきや・・・後ほど!

 

44

 

5品目は【 秋刀魚の刺身 肝醤油添え 】

軽く炙った脂の乗った秋刀魚。肝醤油は、甘みのある富山の醤油と、裏漉しした肝を火にかけてマイルドに。

秋刀魚の脂と肝醤油のコクが、見事に調和します。

 

31

 

先程の燗付けは、米焼酎【 豊永蔵 自我田 28BY 】を焼酎6:水4で割って高めに燗。

ふくらみのある甘さと香ばしさが立ち、秋刀魚の脂と肝醤油のコクをよりまろやかに。

 

45

 

6品目は【 いろいろ包み焼き 】

中身がとても気になります・・・!

 

46

 

香り高いよもぎ麩と、秋の味覚のきのこ類がたっぷりと入った包み焼き。

上からかかった白いソースは、玉葱だけの自然な優しい甘さのある味わいです。

 

30

 

こちらは白ワイン【 酒井ワイナリー バーダップ 】

しっかり冷やしたミネラル感のある甘さは、玉葱の自然な優しい甘さと、香り高いよもぎ麩に

より爽やかさを持たせる味わいです。

 

6

 

中盤も過ぎ、皆様の様々な感想をお聞き出来ました。とても勉強になりました。

 

47

 

7品目は【 桜海老のさつま揚げ からし添え 】

歯応えしっかりの桜海老と、玉葱、山芋の入ったふわふわのさつま揚げ。

 

36

 

お酒は【 聖 純米吟醸 生原酒 渡舟 】をぬる燗で。

カカオの様な香ばしい甘さのある味わいが、さつま揚げの上品な甘さと桜海老の香ばしさを包みます。

 

48

 

8品目は【 まぐろのアゴ焼き 大根おろしと菊の花の甘酢添え 】

まぐろのアゴを醤油、酒、みりんに漬け込みじっくりと焼き上げました。

脂が乗ったまるでお肉の様なボリューム感の、食べ応えあるひと品です。

 

33

 

お酒は【 陸奥八仙 貴醸酒 そーてるぬ 】と【 大信州 純米吟醸 超辛口 】

こちらは甘口のお酒と、辛口のお酒の2種類をそれぞれ冷酒で。

大根おろしの甘酢にフレッシュな甘さの八仙と、まぐろの脂を大信州の辛さがすっきり流してくれます。

 

49

 

最後の9品目は【 うに混ぜ酢飯のオーブン焼き+うに乗せ 】

酢飯のさっぱりした爽やかな酸味とウニのなめらかなコクが、バランスの良い味わいです。

 

28

 

最後のお酒は【 京の春 伊根満開 赤米仕込 】の燗ロック。

燗でラズベリー様の甘さと酸味が出てきたところに、氷を1つ落とし、ヨーグルトの様な柔らかさと爽やかさな甘さに。

ウニのなめらかさを柔らかい甘さが包み、酢飯の爽やかさと氷の清涼感ですっきりと締めます。

 

15

 

ひと段落した所で、お客様の会話も弾みます♪

 

38

 

最後にお客様から記念撮影頂きました。誠にありがとうございます!

はしばさんご夫妻はじめ、会にお越し頂きました皆様、誠にありがとうございました!

今回は焼酎と日本ワインもラインナップに加わり、より料理に対して、お酒の味わいの幅が広がった印象でした。

最後まで長文お付き合い頂きまして、誠にありがとうございました!

 
—————————————

酒の勝鬨(勝鬨酒販株式会社)
〒104-0045 東京都中央区築地7-10-11
TEL:03-3543-6301
FAX:03-3541-5705
営業時間:
8:30-19:00(月-金)
8:30-18:00(土)
定休日:日、祝
—————————————