9号酵母

昭和28年頃、銘柄「香露」で知られる研究機関兼造り酒屋である熊本県酒造研究所の野白金一氏の手により分離培養されました。九州地方の温暖地の吟醸造りに向いた酵母として使用されてきました。通称「熊本酵母」、「香露酵母」とも呼ばれる。

低温での発酵に適していて、製成酒は酸度も少なくて香気も高い。過去には全国新酒鑑評会の出品酒に最も多く使われ、現在においても吟醸酒の多くに使用されている。