6号酵母

「協会6号酵母」は、昭和5年(1930年)に秋田市の新政酒造の醪から分離された。通称「新政酵母」。10℃から12℃でも強い発酵力を維持する。酒の仕上がりは穏やかな香りで、淡麗にしてソフトな酒質に適する。