責め

「中汲み」が終わると圧力をかけて搾ることを「責め」と言い、出てきたお酒の部分も「責め」、「押切り」等と呼ばれています。

アルコール度が高く味が濃いといった特徴があるが、大吟醸など一般的には、あまりこの部分は使われていません。