菩提酛

「菩提酛(ぼだいもと)」とは、室町時代(1400年初め・約500年前)に奈良・菩提山正暦寺(ぼだいさんしょうりゃくじ)において、創醸された醸造法です。製造工程で「生米」を使用することを特徴としており、山廃仕込みなど生もと系仕込みの元となった醸造方法ともいわれています。

生酛や山廃のお酒と違い、乳酸感が少なくてキレのある辛口でありながらボディもしっかりとしていてるのが特徴です。