美山錦

「美山錦」は、昭和53年長野県農事試験場にて「北陸12号」を母、「東北25号」を父とした「たかね錦」に放射線処理を行い、突然異変によって誕生した酒造好適米です。

山田錦ほど心白は大きくはないが、北アルプス山頂の雪のような心白があることから「美山錦」と命名されました。主な産地は長野ですが、秋田、山形、岩手など東北地方で広く栽培されています。

「美山錦」を使用したお酒は、スッキリと軽快な味わいとなります。