秋の精

「秋の精」は、1986年に秋田県農業試験場にて誕生した豊錦と美山錦の交配種です。2000年に品種登録が行われ、現在では「吟の精」や「酒こまち」と共に秋田県の地酒の代表する酒米として活躍中です。