生詰

通常清酒は、雑菌を殺し、発酵を止め、香味を保つために「火入れ(ひいれ)」という低温殺菌が2度行われます。この「火入れ」をいっさい行わないお酒が「生酒」ですが、貯蔵前に一度だけ火入れしたものが「生詰(なまづめ)」です。

いったん火入れをしてタンクに貯蔵したお酒を、瓶詰め前の火入れを行わず生のまま詰めるから「生詰め」。(瓶詰後に火入れをするものもあります)

夏の間に寝かせて熟成させ、秋口にその風味を楽しむ「ひやおろし」はこの「生詰」に当たります。