減圧蒸留

「減圧蒸留」はその名のとおり、蒸留器内の気圧を下げて蒸留する方式です。気圧が低い場所(標高が高い山など)でお湯を沸かしたとき、100℃より低い温度で沸騰します。この原理を利用して行うのが「減圧蒸留」です。40℃~50℃くらいで沸騰させ、口当たりも軽やかな本格焼酎となります。