木桶仕込み

昭和30年代にほとんど姿を消した「木桶仕込」の日本酒が注目を集めています。
「木桶仕込み」は金属製のタンクに比べ世話がやけ、手間がかかります。しかし、従来の酒よりも雄大な豊醇さでありながら、思いもよらないほど綺麗な旨味があり、木桶ならではの、木の香りと独特の風味の酒質になります。

現在の「木桶仕込」は、“古い日本酒の復刻”ではなく、“新しい日本酒の可能性”への挑戦なのです。