日本晴

「日本晴」は、愛知県農業試験場で「ヤマビコ」「幸風」の交配により作出され、1963年命名。飯米、酒米としても使用される。茎が丈夫で病気にも強く、かつては関東から九州まで幅広い地域で多く作付けされていたが、以前よりは栽培が減っている。