愛山

1941年、兵庫県立明石農業改良実験所で「愛船」と山田錦と雄町を親に持つ「山雄」という酒米を交配してつくられたのが「愛山」です。歴史がありますが、栽培が難しいといわれる「山田錦」と比べても粒が大きく、背が高いため、より栽培が難しい酒米なために、一時農業実験所でも試験が中止されるということもあったほどです。

栽培が難しいこともあり、生産する農家も少なかったのですが、灘の剣菱が契約栽培を続け、この品種を守り続けてきました。非常に溶けやすい米のため、「愛山」で仕込んだお酒は、味が多くなり濃醇な米の甘みが感じられる旨味の多いものになると言われています。