常圧蒸留

「常圧蒸留」は古くから行なわれている伝統的な製法で、蒸留器内の気圧を操作することなく蒸留する方法です。通常の気圧のもとで行われ、90℃~100℃の沸点で蒸留させます。

「常圧蒸留」は原料の風味が良く引き出す反面、雑味などの余分なものまでも取り出してしまいますが、それが個性を引き出す要因にもなります。