山田錦

酒米の王様こと酒造好適米の代表銘柄。
山田穂と短稈渡船を人工交配させて1923年(大正12年)に兵庫県明石市の兵庫県立農事試験場(現:兵庫県立農林水産技術総合センター(加西市))にて誕生。稲穂の背が高く、風で倒伏しやすかったり、朝晩の寒暖差が大きくなければいけなかったりと、栽培条件は非常に厳しい。

大粒で、粒の中心部に心白が鮮明にあり。水分をたっぷり含み、溶けやすく、奥行きのある豊潤な味わいを産み出す。