和香牡丹

わかぼたん

醸造元:三和酒類 大分県宇佐市大字山本2231-1

代表銘柄:和香牡丹

 

原点回帰

の酒

昭和54年に発売された麦焼酎「いいちこ」の販売により、現在では麦焼酎メーカー第1位で世に知られている三和酒類。創業昭和33年。宇佐の造り酒屋、赤松本家酒造・熊埜御堂酒造・和田酒造の3社(のちに西酒造が加わり4社)が共同で日本酒を発売したのが三和酒類株式会社の社名の由来です。

そんな三和酒類には「虚空乃蔵(こくうのくら)」という全量手造り、少量・高品質の酒を醸している蔵が存在します。それが創業当時より続く銘柄「和香牡丹」です。

「旨みを感じさせつつ、綺麗に消えていく、現代の食に寄り添う味わい」をコンセプトに造られます。蔵の誕生から造り続けている日本酒。和香牡丹は三和酒類の歴史の始まり=原点の酒であり、進化を続ける銘柄なのです。