LINEで送る
Pocket

さて急遽の連続でしたが今度こそ向かうは小牧醸造さん。道のりは約1時間というところでしたがスケジュールに余裕が無くなってきたので、昼食は途中のセブンイレブン いちき大里店でサンドイッチを買い込み急ぎます。そして、ようやくやって参りました小牧醸造!

到着すると製造を担当されている北野良治さんにお出迎い、ご案内して頂きました。

小牧醸造

小牧醸造さんがある、旧宮之城町は、2005年3月22日に鶴田町、薩摩町と合併、さつま町となりました。かぐや姫の里ともよばれ、竹林の町として有名であったそうです。蔵のすぐ横には鮎やウナギ、山太郎ガニなどが獲れる一級河川の川内川が流れており、さらに蔵の目前は、「轟の瀬」と呼ばれる曽木の滝、神子滝と並んで川内川三轟のひとつとして数えられている、奇岩怪岩が突き出した景観の中に、激流が逆巻いている場所があります。この「轟の瀬」に由来するのが、銘柄「轟乃露」となるのです。

この地域は、これまでに何度も川内川の氾濫による水害に見舞われてきた場所で、近年では平成18年7月の記録的な豪雨により、川内川の上流域から下流域まで広範囲にわたり甚大な被害が発生しました。その際に小牧酒造さんも蔵が浸水し、下流の方で「小牧さんの甕じゃないか?」と、甕も流されていたそうですが、ひとつずつ回収して再び使えるようにしたそうです。その時に蔵も作り変えているそうですが、甕だけは明治42年(1909年)創業当時から使用し続けています。

轟の瀬と遠くに見える山が紫尾山。超軟水で、鹿児島イチの温泉が出るそうです。小牧醸造の仕込水も紫尾山の水が使用されいます。

蔵見学とお話

明日仕込み用のジョイホワイトと、麹に使われるヒノヒカリがありました。

 
 
麹作りはドラム式、出来上がった麹を搔き出し、広げる作業はめちゃくちゃ暑くてかなりの重労働とか。

ドラム式は2基あります。

清酒のような酸を感じさせる一次仕込みと綺麗な二次仕込み

 
本日蒸留仕立ての新酒がありましたが、小牧酒造さんでは新酒に限っては芋臭さを残す為に、通常は33度で行う垂れ口の温度を24度まで下げて行なっているそうです。そうすることで雑味も引っ張り、芋臭さが出せるそうです。逆に「紅小牧」では、高い温度で蒸留することで油感を出さないようにし、華やかさと同時に焦げ付きも引っ張ってくるとか。

蒸留されたばかり、いわゆるハナタレ。

蒸留基の中は四角い形状になっています。

 
 
芋の洗浄は2人1組になり徹底的に洗い、芋切りもおばちゃん達に、「お孫さんに食べさせれる」ようなつもりでやるようにと徹底させつつ、出来る限り無駄にはしないよう切る箇所は少なくしているそうです。

洗浄器と、手を切らないようにする金属製の手袋。一個2万円!
蔦で囲まれた貯蔵庫。甕貯蔵でじっくり寝かされます。

 
 
と、ここで神大迫さんこと上大迫様もいらっしゃいました!

小牧醸造さんでは制服がジーパン、色落ちは一生懸命の証しです。
最後に暖簾をわざわざ出して頂き記念写真!

暖簾は白と黒の二種類で、作りの時期とそうでない時と使い分けているそうです。
北野さん、上大迫さん、お忙しいなかありがとうございました!

「小牧醸造」商品は、Rakuten、amazonにて販売中です!

おまけ

今回も「この焼酎に聴きたい!」を続けます。
小牧醸造さんの「小牧」は、決して派手さはないですが、湯割りにした時のほっこりとした膨らみと甘さがとても癒される。何となく抹茶の様な後味を感じるのは自分だけ? と、そんなふんわり気分で聴きたいアルバムはこちら!

Men I Trust – Oncle Jazz

音数は少なくシンプルだけどお洒落、かすかな泣きとラブリーなメロディー。絶妙とはこういいことですね。曲数めちゃ多いけど、ずっと聴いていられる。来日講演直前にトラブル発生中止でズッコケましたが、振替日程も決まったし、まあいいか。なんか憎めない愛おしい存在。