勝鬨酒販株式会社|東京築地酒のかちどき

緑とオレンジの陸奥八仙ひやおろし

緑とオレンジの陸奥八仙ひやおろしが入荷しました。春先に瓶詰、夏を越して熟成されて、味がのってきた秋に出荷されるのがひやおろしです。最近のひやおろしは冷蔵管理能力が昔に比べて格段に高くなったので、品質管理がよくなった一方、味が熟してくるのが遅い。『まだ味がのっていないんじゃない?』なんていう声もよく耳にします。そういう一面もありますが、冷蔵庫で管理しているから飲む時も『冷えすぎ』という問題もあります。冷蔵庫から出して小一時間、お酒の温度も室温に戻してから飲むとまた、味のイメージも変わってきます。飲み頃温度にも気を配りながら、お酒をお愉しみください。

八仙緑とオレンジ

(左)陸奥八仙 特別純米 ひやおろし 緑ラベル

春先に瓶詰されたお酒を-5℃の冷蔵庫で寝かせた、年に一回の八仙のひやおろしです。八仙らしいジューシータイプ、お米本来の旨味と後味のスッキリ感が存分に楽しめます。しっかりと冷やして、オンザロックにしても楽しめます。

(右)陸奥八仙 純米吟醸 ひやおろし オレンジラベル

特別にタンク一本仕込んだ純米吟醸「緑ラベル」とは異なり、酸味がしっかりと感じられスッキリとした後味が特徴的です。しっかりと冷やして、または冷蔵庫から1時間ほど室温に戻してお召し上がりください。

青森県八戸酒造のお酒