勝鬨酒販株式会社|東京築地酒のかちどき

御前酒 菩提もと純米生原酒 HACCOS2022

HACCOSとは

岡山県の真庭市のプロジェクトです。

岡山県の真庭市

は清酒蔵2軒の他、ビール、ワイン、チーズ、味噌、醤油をつくるメーカーが存在する発酵の街です。HACCOSは各々が培った技術を応用・クロスオーバーさせることによって新たな商品を開発し、特定のジャンルに縛られない発酵の面白さや魅力を発信するプロジェクトです。

図解化してみました。このように見ると、お互いが発酵の技術をシェアする試みは非常におもしろそうで期待が持てます。

今回、HACCOS企画の日本酒が商品化しました

清酒蔵「御前酒」と「大正の鶴」がタッグを組み、互いの仕込水を交換し仕込みました。

かちどきでは御前酒のみ販売となります。

仕込み水を交換して造ってみた蔵の感想としては、大正の鶴の仕込み水がかなり硬水だったため菩提もとにかなり影響があり、酸が高くシャープな仕上がりになったようです。ハリのあるシャープな味わいは今までの御前酒にはない味わいです。

御前酒(ごぜんしゅ)HACCOS 菩提もと純米 生原酒 720ml

1,870(税込)