長龍 / 吉野杉の樽酒 /
ふた穂 / 四季咲

ちょうりょう / よしのすぎのたるざけ / ふたほ / しきざき

奈良県 長龍酒造株式会社

奈良県北葛城郡広陵町南4

長龍の歴史

大正12年(1923年) 創業者・飯田弟一は、生家の飯田酒造場(1868年創業 現在の奈良県天理市 飯田本店株式会社)より独立し、 八尾に酒の小売店を開業。間口二間の店に店員一人、生家の清酒「長龍」120本を元手とする。 昭和16年(1941年)、戦時体制により酒類販売を中断。飯田木工株式会社設立し、 樽・木製ドラム・バケツ等の製造販売を行う。 昭和38年(1963年)、 長龍酒造株式会社設立し、八尾工場を竣工して共同びん詰場の免許を取得、 原酒の貯蔵と「長龍」のびん詰作業を始め、 翌年に画期的新商品、樽酒のびん詰「吉野杉の樽酒」の開発に成功し、「吉野杉の樽酒」の販路を全国に拡げます。

長龍の酒造り

長龍は奈良県北葛城郡広陵町に広陵蔵(本社)と大阪府八尾市に八尾蔵の2つの蔵があります。お酒造りはすべて広陵蔵で行い、八尾蔵では主に貯蔵を行っています。(一部商品を除く。)『奈良生まれの大阪育ちのお酒』です。

酒造りに使用している仕込み水は、安全・安心の観点から、吉野川水系の水をRO膜濾過し、よりクリアな純水に仕上げてます。

長龍の酒造りの心は、「昇道に窮極無し」 旨い酒・良い酒を造りたいという気持ちは無限である・・・ この言葉を胸に、 旨い酒・良い酒造りに日々精進してます。

長龍酒造株式会社

吉野杉の樽酒

かつて清酒はすべて杉樽の中で育ち、樽で運ばれ樽で売られていました。 創業者「飯田弟一」は、日本人の郷愁を誘う、 かつての良質な「樽酒」を味と香りのバランスが一番いい状態で瓶に詰め、手軽に楽しんでいただくことができるのではないか・・・ との想いから、上質な樽材の選定や確保に向けて奔走し、その継続のために樽材の製造者組合を結成し援助。 そして、 諸々の研究に研究を重ね、製作機械を考案し、商標「吉野杉の樽酒」やラベルにいたるまで、すべてに渡って独創的発想を 持って商品化に情熱を燃やしました。

吉野杉の樽酒のこだわり
(1)杉樽
うまい樽酒は、まず樽材の選定からはじまります。樽材として最適且つ最高といわれる、 奈良・吉野杉の樽丸を使用した四斗樽を選びその中で原酒を程良く馴染ませます。
(2)樽添師
樽熟成において、樽のエキス分と渋味が程良く調和し、 まろやかな旨みとなった頃合いを鋭く見極めるには、長年培った経験と技術が欠かせません。 長龍では熟練の樽添師が、その清澄な味わいと香りの絶妙なバランスを守り続けております。
(3)パストクーラー
しかしながら、このようにして造った樽酒も、瓶燗後そのままにしておきますと着色がどんどん進み良い香りもいつしか消え去ってしまいます。 そこで登場したのが「パストクーラー(急冷装置)」です。瓶詰め後に、急冷することで、樽の香りと味わいを封じ込めることができるようになりました。

ビンテージ酒「ふた穂」
「ふた穂」は、雄町米発祥の地の誇りを持って育てられた岡山高島地区の雄町米を100%使用し、 その特長を最大限に引き出しながら丁寧に醸しあげた純米酒です。深い味わいと余韻をお楽しみいただくために、 大阪府八尾市にある八尾蔵にて30ヶ月以上の低温熟成の後に出荷いたします。 醸造年度による微妙な味わいの違いや低温熟成による味わいの変化をお楽しみいただくため、醸造年度毎に蔵出しする「ビンテージ純米酒」。 米・造り・伝統・味わい・・・・「ふた穂」の世界をゆっくりとお楽しみ下さい。

吉野杉の樽酒
上撰

杉の清々しい香りと独特のコクと旨みが絶妙に調和。

吉野杉の樽酒
雄町 山廃純米酒

食中酒として、また、熱燗も絶品です。

ビンテージ酒「ふた穂」

「ふた穂」は、雄町米発祥の地の誇りを持って育てられた岡山高島地区の雄町米を100%使用し、 その特長を最大限に引き出しながら丁寧に醸しあげた純米酒です。深い味わいと余韻をお楽しみいただくために、 大阪府八尾市にある八尾蔵にて30ヶ月以上の低温熟成の後に出荷いたします。 醸造年度による微妙な味わいの違いや低温熟成による味わいの変化をお楽しみいただくため、醸造年度毎に蔵出しする「ビンテージ純米酒」。 米・造り・伝統・味わい・・・・「ふた穂」の世界をゆっくりとお楽しみ下さい。

ふた穂 生もと
純米吟醸 岡山高島産 雄町

飲み応えと旨みと酸のバランスで奥深い味わい。

四季咲シリーズ

「四季咲」は、厳寒期に丁寧に限定醸造したお酒を低温瓶貯蔵し、季節ごとに美しく花を咲かせるように、七十二候から7回に分け、1年を通じて最良の状態でお届けする「純米吟醸 無濾過生原酒」を中心としたシリーズです。

七十二候とは
旧暦の二十四節季(立春、夏至、大暑・・など)をさらに3つの候に分け、動植物や気象など自然の変化を短文に表して知らせる言葉です。

露葉風
奈良県唯一の酒造好適米奨励品種「露葉風つゆはかぜ」は、昭和38年「白露」を母に「早生双葉」を父に持ち、愛知県で誕生。 現在は、奈良だけで栽培されている酒造好適米です。 しかし、淡麗なお酒がもてはやされた時代には、他県産の米を使用することが主流となり、栽培が難しく生産性が悪いこともあって、いつしか奈良県でもほとんど栽培されなくなり、「幻の酒米」となってしまいました。

長龍酒造は、そんな露葉風の存在を知り、「画一的でなく独自の味わいを持った奈良の地酒を露葉風で。」との思いを強め、平成14年にJAならけんの協力のもと、栽培適地である奈良県山辺郡山添村での露葉風の栽培を始めます。 栽培開始当初は栽培方法も手探りの状態でしたが、「露葉風」の栽培を引き受けた2軒の農家の苦労の結果、現在では収量・作付け面積も順調に増えています。 露葉風で醸した酒は、米の味をしっかりと引き出したボディの効いた酒です。コクがあり、ふっくらとした味わいが口の中に穏やかに広がり、アルコールの刺すようなところはまるでなく、米の旨みを十分に味わえるお酒です。