スパークリングワイン=食前酒 と思っていませんか? 

LINEで送る
Pocket

YouTube「小林幸司の世界」にドはまり

ソムリエますおかです。

うちの定番おつまみ「ササミ三つ葉」

ササミをさーっと火に通して中はレア状態。

味付けは塩昆布のみ。少しゴマ油をタラリと。

最後にたっぷりの三つ葉をのせて完成。

合わせたワインはこちら

滋賀県 ヒトミワイナリー

シャルデラ ブリュット 2016

ヴィンテージが、なんと2016年

瓶内熟成3年。

熟成したニュアンス、そこに充実した果実のコクもあって、いやー旨い!

飲みごたえがあります。

スパークリングワインというと食前酒のイメージが強いかもしれませんが、こうした熟成感のある味のワインは食中酒向き。おつまみが格段と美味しくなります。食前だけで終わってしまうのは、もったいない!

「でも、スパークリングワインってお腹いっぱいになるのよね・・・」

スパークリングワイン=開けたその日に飲み切らねば!と思っていませんか?

スパークリングワインでも「ポテンシャルが高いもの」でしたら、泡が無くなった状態、いわば「原酒」の状態でも美味しいんです。普通の「白ワイン」として楽しむことが出来ます。

まさに、一粒で二度美味しい

泡が無くなってもポテンシャルが高いワインは美味しい

最初はスパークリングワインとして泡立ちを愉しむ。泡が無くなったら、白ワインとして愉しむ。

スパークリングワインをこよなく愛する ますおか としては初日に飲み切ることが多いですが。。

このワインは45分ワイン」に認定です(^^)

滋賀県 ヒトミワイナリー 「シャルデラ ブリュット 2016」

楽天市場「酒の勝鬨」で販売中

(注釈)45分ワイン」とはあまりに美味しく45分で完飲すること。ますおか語録。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

前の記事

Re:定番