酒の勝鬨酒蔵訪問記 山梨県北杜市『サントリー白州蒸留所』 2016年3月6日 ~前編~

LINEで送る
Pocket

2016年3月6日(日)

サントリー営業 高須さん、片桐さんにサントリーの白州蒸留所をご案内頂きました。

【参加者】

酒の勝鬨 社長:杉本 営業:吉田、黒沼、高田 和酒担当:堀口 広報・デザイナー:利根川

 

小淵沢駅

小淵沢駅到着。

 

 

レトロタクシー

いい感じにレトロな大型タクシーに乗り込み出発です。

 

 

山梨

山梨の自然を眺めながら

 

到着

到着。

 

 

ウイスキーの森

ウイスキーの森はすごく広い場所でした。

 

 

お弁当と白州ハイボール

お昼ごはんはお弁当と白州ハイボール。

白州ハイボールはどんな食とも合わせやすく、飲みやすく、美味しかったです。

女性に人気なのも頷けます。

 

 

サントリーーー

白州来ました記念!酒の勝鬨営業組写真。左は高田。右は黒沼。

 

 

テイスティング

その後Bar Hakushuにてウイスキーテイスティング

とてもレアな響30年も頂きました。

 

 

響30年

グラスの側面の垂れているウイスキーがわかりますでしょうか?

30年熟成による粘性。とろりと贅沢な時間を味わいました。

 

 

 

これから先のご入場はご遠慮下さい。

これから先のご入場はご遠慮下さい。

をぬけて

 

 

セミナールームへ

セミナーをするお部屋までご案内頂きました。

 

 

レトロポット

部屋までの通路にて

ものすごいインパクト。

昔使用していたポットが両側に並んでいます。

上のライトはサントリーのロゴ。

 

 

佐野さん

サントリーで、ずっと醸造を担当されてきた佐野さんからご挨拶頂き

 

 

サントリー帽子

サントリー帽子をかぶり

 

 

suntory

 

suntory

かぶり方それぞれ

 

 

IMG_1651

醸造所へ

 

二条大麦と麦芽

二条大麦と麦芽

 

 

ピート

そしてピート

 

 

ピーテッド麦芽

燻した後の麦芽はこんなです。香ばしかったです。

 

 

 

蒸留所

いよいよ蒸留所へ

 

 

仕込槽

仕込槽

 

 

IMG_1718

麦ジュース

麦のジュースを造ります。

 

 

木桶

醗酵

 

 

醗酵

醗酵

木桶で麦汁を醗酵。

サントリーの技が光ります。

 

 

 

ウイスキーポット

ポット

蒸留

これらのポットで初溜。再溜。

 

 

IMG_1811

 

 

くびれ

くびれ

このクビレで変わってきます。

 

 

樽貯蔵

樽貯蔵

樽貯蔵

樽貯蔵

 

 

樽貯蔵

それにしてもすごい数の樽達。

コレだけあっても足りないウイスキーはすごいですね。

それぞれ10年、20年、30年寝かせるものもあるので

確かに数は膨大になりますね。

 

 

 

樽を作る工程も

 

 

樽

樽

樽

樽

樽は木の種類。大きさ。で味が変わる重要な要素。

 

 

ウイスキーの色

本物です。色の付き方がだいぶ違いますね。

 

 

テイスティング

世界のウイスキー

最後は

海外のウイスキー

・グレンフィディック

・ザ・マッカラン

・ボウモア

・ラフロイグ

・オーヘントッシャン

日本のウイスキー

・白州

・山崎

をテイスティング。

日本のウイスキーは食に合う印象を受けました。

 

 

白州ハイボール

白州ハイボールの美味しい作り方講座も

 

 

世界のウイスキー

勉強になりました。

 

記念撮影

記念撮影。

 

だいぶ、長いサントリー見学ブログになりましたが…

すごいスケール。しっかりした造りのサントリー。

『世界5大ウイスキー 日本ウイスキーの力』堪能しました。

多くの写真で伝わったでしょうか?

後編もあります。

 

 

コメントを残す