酒の勝鬨酒蔵訪問記 山形県鶴岡市『亀の井酒造』 2016年2月22日

LINEで送る
Pocket

山形二日目午後、亀の井酒造さんに酒蔵見学に行きました。
大山の加藤さんもご一緒にw

『くどき上手』に訪問しました。

IMG_9364

到着です。

 

 

亀の井酒造

隣にかわいい公園。蔵はお城のような佇まい。

 

 

くどき上手

主屋の玄関には『くどき上手』の看板。

蔵や主屋の外側は白と黒。

中は木材と金色。縁が黒の内装。

すごく綺麗な室内。

実に格好良く、亀の井酒造らしい雰囲気がありました。

 

くどき上手

社長とのお話の後、Jr.こと今井俊典専務に蔵の中をご案内頂きました。

 

 

くどき上手

ふたり

亀の井酒造 今井俊典専務と加藤嘉八郎酒造 社長室付 加藤嘉晃氏

ふたりは高校の同級生なのだそうです。

酒蔵の息子が同級生なんてすごいですね。

タイプは違うけれどもいい感じ。雰囲気のよい関係性でした。

 

 

くどき

くどき

くどき上手『出羽燦々33』や『黒ばくれん』をタンクからすくい

そのままを頂く機会も与えてくださいました。

 

 

蔵の中

IMG_9437

 

797

 

蔵の中を順序良く、周りながらご説明頂きました。

飲食店様の宵のま 高久さんが『すごくスムーズに進める酒蔵さんですね』

とおっしゃっていました。

後に、私は別の酒蔵の営業さんに造りの工程の『周りやすさ』について

お聞きしたのですが、『周りやすいのはすごく重要ですよ』とおっしゃっていました。

亀の井酒造さんは、そんなすごく周りやすい酒蔵さんです。

 

 

IMG_9454

発泡清酒『おしゅん』もタンクから頂きましたよ。

 

 

別館

別館へ

 

P箱

今井俊典専務:大山のP箱多いな

一同:笑

加藤さん:笑。。。

 

 

IMG_9501

IMG_9604

IMG_9603

1階が倉庫、2階がプライベートスペースの2階へ

綺麗で不思議な和の空間。

 

 

窓

大きな窓からは畑が。

『今は雪で隠れていますが、春から夏。夏から秋へと色づいていく稲穂を見れるんですよ』

とJr.

素敵な場所でした。

 

 

IMG_9521

スッとぬける空間

 

 

IMG_9552

 

壷

隅々まで気品高い和の要素。

 

 

奉納札

神社へ奉納した札も格好よく、絵になります。

 

 

アートスペース

さらに上の階はアートスペース。

先代が絵描きだったそうで、数々の絵画が並べられています。

 

 

月山

出羽三山の月山の絵も

 

 

記念撮影

すべて見学させて頂いた後、皆で記念撮影。

 

弊社でも大人気の『くどき上手』

近年、また新しい動きがあるかもしれません。

今後も『くどき上手』亀の井酒造さんに期待が高まります。

 

 

今井俊治社長、今井俊典専務はじめ、

亀の井酒造の皆様ありがとうございました。

 

————————————————————————-

明治8年創業

亀の井酒造

山形県鶴岡市羽黒町戸野字福ノ内1

全量吟醸酒蔵

より美味しいお酒を求めて

→くどき上手のネット販売はコチラから

————————————————————————-

 

コメントを残す