LINEで送る
Pocket

28日はいよいよ青木酒造訪問。

牧之通り

牧之通りです。

情緒漂う街並み

 

春飾り

春飾り

ちょうど『ひなまつり』の時期だったので、

綺麗な桜の春飾りも見られました。

 

 

結晶ニット

結晶ニット。こんな飾りも素敵です。

 

 

青木酒造

ありました。青木酒造です。

 

 

かくれい

看板も格好いいです。

 

 

蔵着

蔵着に着替えて、鶴齢 営業目崎さんにご案内頂きました。

 

 

蒸米

蒸米の工程を見せて頂く機会にも恵まれました。

 

 

蔵内

酒造りの工程をひとつひとつ目崎さんに説明を頂きながら回らせて頂きました。

 

 

IMG_0985

その後、飲食店様が蔵に到着し、同様に蔵の中を見学。

参加飲食店様・・・十割蕎麦もとじま様・十割蕎麦みや美様・ワインバルMIYABI様
BUNKA様・アサクサ ナカムラヤ様・門下てった様・Kachisara様・金の独楽様・銀ZERO様

 

 

IMG_1003

IMG_1061

IMG_1044

皆さん興味津々。様々なご質問をされている方もいらっしゃいました。

 

 

酒粕

ヤブタから酒粕を剥がす工程も見ることができました。

 

IMG_1209

蔵見学の後は『鶴齢』青木酒造のお酒や歴史について目崎さんからお話頂きました。

 

 

前日のブログでもご紹介した『北越雪譜(ほくえつせっぷ)』の第2版も見ることができました。

IMG_1218

 

雪譜

雪譜

IMG_1243

江戸時代の良さが伝わる趣き深い書物でした。

 

 

雪男

このシーンが『雪男』です。

毛むくじゃらの異獣雪男が山中に現れ、

旅人のにぎり飯をもらい、お礼に荷物を担ぎ、道案内をするというお話です。

そんな思いやり、人の「和」を表現したお酒『雪男』は

また、人の「和」を生み出し、地元新潟から全国、たくさんの呑み手に愛されています。

その鶴齢のお酒『雪男』がコチラ。

酒の勝鬨でも『かわいい』と人気のある食中酒です。

その他にも見どころ。

鶴齢の主屋は気品高い和モノがたくさん。

外からだけではなく、中も素晴らしい建物、建具でした。

 

 

かに

かくれい 主屋

かくれい 主屋

IMG_0787

IMG_0841

IMG_0491

センスの良い美術品揃いです。

 

 

鶴齢記念撮影

最後は蔵の前で記念撮影。

 

 

しんばし

IMG_1322

IMG_1300

IMG_1353

その後、越後湯沢の繁盛店『しんばし』さんで交流会。

人気のへぎそば店。

『へぎそば×かくれい』

——————————————————–

しんばし

新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢488-1

美味しい!へぎそば!天ぷら!

——————————————————–

 

 

 

ポン酒館

ポン酒館

ポン酒館

 

IMG_1426

『ポン酒館』をブラブラ。

——————————————————–

ポン酒館

越後湯沢エキナカ

日本酒盛り沢山!

——————————————————–

 

 

日本酒三昧の一日でした。

鶴齢 営業 目崎さん ありがとうございました!