LINEで送る
Pocket

【日本酒】春霞(はるかすみ) 純米吟醸 緑ラベル 美郷錦  

【原料米】   美郷錦(みさとにしき)
【日本酒度】  -0.5
【酸度】     1.7
【精米歩合】  50%
【ALC】    16
【価格】  3.240円 (1800ml)
       1.620円 (720ml)

少量入荷です!!

蔵元・酒販店で開催する勉強会内で行ったブラインドテイスティングで、

見事1位に選ばれた銘柄です。

甘やかな上立香。

優しいアタックで、下の側に滑るなめらかな酸。

鼻を抜ける爽やかさと、飲み終わりのスッキリ感もあります。

バランスGOODな1本です!

ネット販売はこちら!

【日本酒】栗林(りつりん) 純米 火入 ブラックラベル 

【原料米】   美郷錦(みさとにしき)
【日本酒度】  -0.5
【酸度】     1.7
【精米歩合】  60%
【ALC】    16
【価格】  2.700円 (1800ml)
       1.350円 (720ml)

蔵付き「亀山酵母」×町名を冠する米「美郷錦」使用という

春霞らしい1本です!

イエローラベルは、旨味+酸。

その火入れのタイプのこのお酒は、落ち着いた甘さと、辛さのある味わい。

締まる後味も◎です!

ネット販売はこちら!

〜蔵・地域について〜

春霞・栗林酒造は1874年創業、秋田県仙北郡美郷町六郷に位置します。

豊かな清水の里六郷にて名水百選にも選ばれた六郷の地下水、

地元産の契約栽培米・美郷錦、美山錦、蔵から見つかった亀山酵母など、

その土地の恵み1つ1つを大切にされ、永く使っていきたいと考えられています。

やさしい味わいのある、料理に寄り添う食中酒を目指されて、日々酒を醸されています。

【日本酒】臥龍梅(がりゅうばい) 純米吟醸 生原酒 誉富士

【原料米】   誉富士(ほまれふじ)
【日本酒度】  +4
【酸度】     1.3
【精米歩合】  55%
【ALC】    16〜17
【価格】  2.808円 (1800ml)
       1.404円 (720ml)

1月に搾った生酒を−2℃にて保管しました。

麹米、掛け米ともに静岡県の行政、JA、酒造組合が一丸となって普及推進している、山田錦を改良した酒米。

デリケートな酸と、ふくよかな味わいが加わりました。

程よい旨口な1本です!

ネット販売はこちら!

〜蔵・地域について〜

臥龍梅・三和酒造は静岡県静岡市清水区西久保に位置します。

三和酒造の母体となる鶯宿梅蔵元、鈴木家の創業は古く、貞享年間に遡ります。

初代・市兵衛氏が酒造用の良水を授けたまえと、稲荷の神に祈願したところ

満月の夜、稲荷大明神が鶯と化して、市兵衛を導いて浅間山麓の梅の枝に止まったとの霊夢をこうむり、

その地を掘って、清泉を得て酒造業を始めたと伝えられています。

「臥龍」という言葉は古く、出典は長編歴史小説「三国志演義」に遡ります。

「臥龍」とは寝ている龍、まだ雲雨を得ない為天に昇れず、地に潜めている龍の事です。

かの徳川家康が幼少時代、今川家の人質として西久保の近隣の、清見寺という禅寺に暮らしていた際、

無聊の徒然に、寺の庭の一隅に一枝の梅を接木したと伝えられています。

故事の様に地に潜み隠れていましたが、その後は龍が天に昇るが如く天下人となりました。

家康の植えた梅はやがて大木に成長し、さながら龍が臥したような見事な枝振りもあいまってか

いつの頃からか「臥龍梅」と呼ばれ、毎年春には凛とした風情で花を咲かせています。

「臥龍」の故事に習い、やがては天下の美酒と謳われる事を願い、命名され、現在に至ります。

〜営業時間のお知らせ〜

誠に勝手ながら、

◎8月15日(金)・16日(土)・17日(日)は夏期休業の為お休み。

◎9月13日(土)はひやおろし試飲会開催の為、14日(日)・15(月)は祝日の為

 3日間お休みとさせていただきます。

大変ご迷惑をお掛けしますが、ご理解の程宜しくお願い致します。

平田筆

-----------------------------------—-

酒の勝鬨(勝鬨酒販株式会社)
〒104-0045 東京都中央区築地7-10-11
TEL:03-3543-6301
FAX:03-3541-5705
営業時間:
8:30-19:00(月−金)
8:30-18:00(土)
定休日:日、祝

-----------------------------------—-