【4/22 焼酎新入荷】烏天狗、薩摩宝山、黒伊佐錦

LINEで送る
Pocket

【芋焼酎】烏天狗(からすてんぐ) Second impact(セカンドインパクト) 無濾過にごり 

【ALC】    25
【原材料】  芋/米麹
【価格】  2.469円 (1800ml)

      

【 焼酎業界のタブーをあえて行った焼酎 】

インパクトラベルが目を引きます!

ガス臭が強く、最初は「?なんぞこれは?」と思ってしまうかもしれません。

しかし!とんこつ系ラーメンのようなそのニオイ。

やみつきになる程の『旨さ』が、そこにはあります!!

お湯割りにすると、よりふくらみがでます!

芋くさ〜い焼酎好きには、たまらない1本です♪

〜蔵について〜

烏天狗・さつま無双は昭和41年、県・市・各機関からの

「焼酎を全国へ広めてほしい」という要望を受け、鹿児島県酒造協同組合傘下の

各業者の協力により創設されました。

「さつま無双」=「薩摩に双つと無い」という意味をもつこの名は、

鹿児島県民に一般公募し、多数の応募の中から名付けられました。

【芋焼酎】紅薩摩宝山(べにさつまほうざん)

【ALC】    25
【原材料】  芋/米麹
【価格】  2.263円 (1800ml)
      1.337円 (720ml)

ポリフェノールを多く含む、綾紫芋使用!

華やかな香り、口当たりは甘く、後味のキレも◎!

〜蔵について〜

宝山の西酒造は1845年創業、鹿児島県日置市吹上町に位置します。

鎌倉時代初期、一人の琵琶法師が居ました。

名は、京都常楽院19代住職・宝山検校。

住職は源頼朝に命ぜられ、島津家の祖・島津忠久と共に、祈祷僧として薩摩・吹上に足を踏み入れました。

ある夜の事、大地に叩きつけるような雷雨と共に竜巻が起こり、空から大蛇が舞い下りました。

検校は吉事の兆しとされる琵琶を弾じ、懸命に祈祷を続けました。

すると大蛇は大龍となって、黒雲の中を泳ぐように逃げていきました。

天空も白み、夜が明ける頃す〜っと水が引き、一帯は平地となりました。

やがてそこは田畑となり、人々に富をもたらしたと云われています。

そんな『伝説』として語り継がれる宝山検校が、「吉兆宝山」「白天宝山」「富乃宝山」等

宝山シリーズの名前の由来となっています。

【芋焼酎】黒伊佐錦(くろいさにしき) 春薩摩(はるさつま) 旬(とき)あがり

【ALC】    25
【原材料】  芋/米麹
【価格】  2.000円 (1800ml)

      

単一仕込みの新酒を、150日間じっくりと熟成させました。

まろやかで落ち着いた仕上がり、芳醇な香りと濃厚な味わいです!

〜蔵について〜

黒伊佐錦の大口酒造は昭和45年、11の蔵元が協同組合として銘柄を「伊佐錦」に統一し、創業しました。

伊佐錦のふるさと伊佐市。ここは『焼酎のふるさと』でもあります。

国の重要文化財のひとつ、郡山・八幡神社。

昭和29年に解体修理をした際、頭貫上から400年以上も昔の宮大工が残した落書きが発見されました。

「ここの主はケチで一度も焼酎を飲ませてくれなかった」という内容のもので、

永禄二年(1559年)の年号が記されていました。

これが日本で初めての「焼酎」という文字が記されていた最古の資料です。

当時既にこの地方では焼酎が飲まれていた事が裏付けられ、これにより

伊佐市が【焼酎発祥の地】と云われる由縁となりました。

「薩摩の焼酎は日本一・・・いな、世界一である・・・。その薩摩焼酎の中で伊佐郡の焼酎を最上とするとは、

鹿児島県内の定評である。ぼくのふるさとの焼酎なのである。」

これは反骨の歴史小説家・直木賞作家、海音寺潮五郎氏から、伊佐錦に贈られた賛辞の言葉です。

厳しくも優しい味わいが、郷土の文豪を魅了させました。

伊佐錦の書体もまた、海音寺潮五郎氏が手掛けられています。

平田筆

-----------------------------------—-

酒の勝鬨(勝鬨酒販株式会社)
〒104-0045 東京都中央区築地7-10-11
TEL:03-3543-6301
FAX:03-3541-5705
営業時間:
8:30-19:00(月−金)
8:30-18:00(土)
定休日:日、祝

-----------------------------------—-

コメントを残す