【10/15  ワイン情報】 今日もワインと料理の話は尽きません・・・・

LINEで送る
Pocket

ある日の「酒のかちどき」・・・

スタッフ平田(和酒ブログ担当)「10月に入ったのに、まだ暑さが続きますね〜!」

ますおか(ワイン担当)「これだけ暑いと赤ワインより、冷えた白ワインが飲みたくなるね〜」

平田「ますおかさんオススメ!の白、ありますか?最近、日本のワインにも興味があって。」

ますおか「あるよ〜!今のオススメは、この2本!」

グレイスワイン グリド甲州2012
 葡萄品種:甲州
 タイプ:辛口 
 酒の勝鬨価格:1890円(税込) 

グレイスワイン 樽甲州2012
 葡萄品種:甲州
 タイプ:辛口 
 酒の勝鬨価格:3,171円(税込)

山梨の老舗ワイナリー 中央葡萄酒さんが造るグレイスワインシリーズ。

2本とも同じ品種「甲州」100%で造られている。辛口の白ワイン。

ますおか「同じ品種なのに、ワインのキャラクターが違うので飲み比べてみると面白いよ」

平田「確かに違いますね。香りからして違いが・・・」

ますおか「グリド甲州はステンレスタンクで発酵、熟成して造られているワイン。樽甲州は小樽で発酵、熟成して造られているワイン。グリド甲州は、樽香がない分、ストレートに甲州の香りがするね。」

平田「柑橘系の香り。爽やかな感じがしますね。味も酸味を強く感じます。」

ますおか「中央葡萄酒さん自身も『うちのワインは綺麗な酸味が特徴』って言っているくらい。グレイスワインはいずれも酸味がしっかりとのってるね。最後に心地良い苦味を感じるのも甲州の特徴。」

平田「樽甲州のほうは?」

ますおか「小樽を使っているので、樽香が特徴的。味わいもグリド甲州よりもしっかりめ。ボリュームが加わっているね。」

平田「同じ品種でも、製造方法が違うと香りや味わいも違うんですね。う〜ん、奥深い!ところで、グリド甲州の『グリド』ってなんですか?」

ますおか「グリは甲州の果皮の色を表すグリ『フランス語:ピンクがかった薄灰色の意味』と、ド『フランス語:・・・の』意味から名付けてるよ」

平田「グリド甲州は、和食に合いそうですね!味わいとしては、ボリューム感のある樽甲州のほうが好みですが♪」

ますおか「グリド甲州は、白身の魚な肉をシンプルな味付けで。焼鳥や天ぷらを塩など。樽甲州は樽香に合わせて、カツオのタタキやローストビーフなど香ばしいものと相性がいいよ。」

平田「良いですねぇ〜。日本酒もいいけど、ワインも捨てがたい!」

ますおか「今夜の夕食は、サンマの塩焼きに大根おろしを添えて、グリド甲州でいくよ!」

平田「私のほうは、樽甲州と燻製モノでいこうかな〜!スモークサーモンや、スモークチーズ大好きです♪」

ますおか「それなら、このワインもオススメ!これは・・・・・・・・・・」

・・・・・・・・・こうして二人のワイン談義はつきないのであった。

増岡&平田筆

-----------------------------------—-

酒の勝鬨(勝鬨酒販株式会社)
〒104-0045 東京都中央区築地7-10-11
TEL:03-3543-6301
FAX:03-3541-5705
営業時間:
8:30-19:00(月−金)
8:30-18:00(土)
定休日:日、祝

-----------------------------------—-

コメントを残す