LINEで送る
Pocket

こんにちは、新木場倉庫の佐藤です。
暑い日が続きますが皆さまどうお過ごしでしょうか。自分はもうクーラーガンガンつけて生活しています。クーラーで冷え切った部屋で厚手の布団被って寝るの最高ですよね。

今月の小野寺(裕)

☆【芋焼酎】八重桜 郷酒(さとざけ) 25度 1800ml

宮崎県日南市にある古澤醸造様で造らている芋焼酎です。
蔵から半径100キロ圏内で生産された米と水から造られたお酒で、故郷の人々と風土により醸された郷の顔が見える本格焼酎です。
原酒を2年から5年以上をかけ熟成させているのでとても優しくまろやかですが、しっかりと芋の旨みも感じられます。

お勧めの飲み方はお湯割りです。ほわぁ~と口の中に旨みと甘みが広がり後から香ばしさも感じられます。

価格2,720円(税込2,937円)

今月の佐藤

☆【日本酒/スパークリング】 ​スパークリング山本 720ml ※クール便発送

商品説明にもありますが、最初少し辛いですがその後に甘さが来ます。
自分は辛いの少し苦手ですが、これは結構イケます。開栓する時はご注意ください。勢いが良いです(笑)

口の中の脂を流してくれるので油っこい料理と合わせると最高ですね、餃子食べながら飲みました!

暑い季節にしゅわしゅわのお酒1本いかがでしょうか。

価格1,657円 (税込 1,789 円)

今月の小野寺(友)

☆【日本酒/夏酒】 ​陸奥八仙(むつはっせん) 夏吟醸 720ml ※クール便発送

連日の記録的な暑さ、そして変則的な進路をとる台風と、例年にない早さで始まった今年の夏ですが、皆さま体調を崩したりはしていないでしょうか?

こんな暑い毎日にはやっぱり季節物のお酒をいただきたいと思い、今回は数ある夏酒の中でも特に人気の高い八戸酒造さんの「陸奥八仙 夏吟醸」を手に取りました。
蔵元の地元である青森県産の華吹雪とまっしぐらというお米の甘みを感じさせてくれつつ、それでいて夏酒らしく低アルコール度でスッキリと飲みやすい、まさにこの季節にぴったりの一品です。

ご好評いただいているこちらの品は例年売り切れとなってしまうのが早いので、ご興味を持たれた方は是非ともこの機会をお見逃しなく。

これから益々気温も上がることと思います。美味しいお酒を楽しみながら、爽やかに夏をお過ごしください。

価格1,500円 (税込 1,620 円)

今月の梅津

☆【日本酒】ミラクル若盛(わかざかり)純米 720ml

梅津です。
先日、実家の蔵の仕事でパリに行く機会がありました。「JAPAN EXPO」という、4日間かけ延べ24万人もが訪れるヨーロッパ最大の日本文化見本市(コンベンション)に、フランス人のインポーター数名とOSAKE BARを出展しました。

連日無事大盛況に終わり、結果何人もの外国人の方がOSAKE(日本酒、焼酎、梅酒等)を注文し、楽しむ姿を目の当たりにできました。改めて、飲み物でなく、日本の文化なのだと感じるよい機会となりました。

さて、今月もそんな日本が誇る文化「日本酒」をご紹介します。
「ミラクル若盛」西堀酒造 栃木県小山市
アルコール度数 15度
日本酒度‐18
クリアな琥珀色のついた、一見目を引くこのお酒。謳い文句は「不思議な純米酒」。そう、日本酒です。果実を彷彿させるような程よい甘味を載せた酸。

​楽しみ方は、冷やすorオンザロックでシャープなボディになり、スッキリと!炭酸をいれてミラクルスパークリング若盛も良いです!スイーツとのペアリングもGOOD!フォルムもおしゃれなので、お祝いの席や流行の○ン○タ映えも!特徴としては、原料に古代米を使用し、2年以上熟成させています。風味の秘密は、古代米に含まれるポリフェノールやアントシアニンだそうです。
そんな古代の米と、現代の楽しみ方が活かしあった、まさに不思議な純米酒を、ぜひお試しください。

先日、野球観戦にてノーヒットノーランという偉大な記録に立ち会うことができました。
心が震えるとはこういうことかと、近年で一番感動しました。
OSAKEも、ただ美味しいだけでなく、国境を越えて心を打つものであれたらなと思います。

価格1,600円 (税込 1,728 円)

今月の柳澤

☆【麦・芋焼酎】 ​元老院(げんろういん)

こんにちは、ヤナギサワです。 この前、近所の飲み屋さん行ったんですが、やっぱりこうも暑いとソーダものが欲しいなと思い、 何か焼酎のソーダ割をオーダーしようと、焼酎リストを眺めていたら、 お、これはもしかしたらいいんじゃないかと思ってソーダ割を頼んだ焼酎がこちらです。

元老院は、麦・芋混合で、しかも樫樽熟成による琥珀色をした焼酎。 普通に頂いても、滑らかでいて深みのある味わいで、とても美味しいですが、 この感じは、ソーダ割にしたらハイボールっぽくなるんじゃないかと思ってレモンもお願いして頼んだところ、 バッチリ、ハイボールでした。しかもデリシャス!!

​お値段も悪くないですし、この夏は「元老院ハイボール」にはまりそうです!

価格2,218円 (税込 2,395 円)

よくのむ「アラチ」 柳澤

先日、当社でもお取引のある築地の「上松」さんにて、ちょっとしたイベントでバーテンを担当致しました。
以前、自分がやっていたバーを軽く復活させたイメージでやったのですが、その当時の仲間が数人来店してくれましたた。その中の一人の人物について、ふと思い出したことがあったので、今回はそちらのお話です。

渋谷にあった店でいつも通りの昼休憩のことだった。当時バイトで入ってくれていたアラチは、自分の休憩時間になると、「どこかうまいラーメン屋ないっすか」と、訊いてきた。「あ~、あそこ行ったことある?」と、渋谷では割と知れらたラーメン屋だったが、アラチは行ったことがないと言う。そして、「じゃあそこ行ってみます!」と威勢よく消えていった。

暫くして戻ってきたアラチに「どうだった?」と聞くと、耳を疑うような答えが返ってきた。

「あそこの店ヤバいっす。なんか俺以外みんなラーメン食ってるんすよ」

お、おう。。

「俺、野菜炒めライス食ったんすけど、やっぱラーメンなんすかねあそこは」

。。そうだな。って、てめーは!!

ホント、いつもこんな感じで接続詞がない奴で、話も支離滅裂。

上松さんの日も、いつも通りいつの間にかいなくなって、気づくとまた戻ってきてる。
自由人とかではなく、何かが壊れてる。でもこうやって何かあれば顔を出してくれるいいやつなんだけど。

さて、その上松さんの時に出させて頂いたお酒がこちらです。

☆【日本酒】生もとのどぶ 純米にごり

本当はオススメの日本酒を1本用意する予定でしたが、この暑さではスカッとしたのが欲しいよなと思い、バー時代にメニューにしていた「どぶサワー」がいいなと思い急遽変更。

当時は、違う銘柄のにごり酒をソーダで割ってレモンを加えていたのですが、今回は「生もとのどぶ」でチャレンジ。 にごりというと、甘い感じを想像するかもしれませんが、「生もとのどぶ」は、きりっと切れ味なのでソーダとの相性もばっちり!ソーダと50:50ぐらいで割って丁度いい感じです!

その後日、当社営業の黒沼とおじゃました初台の「テンテンテン」さんでも「生もとのどぶ」をソーダ割にしてスダチを加えたものを「どぶスカッシュ」として出されていてい、スダチとの相性が素晴らしかったです!

他にもいろんな飲み方ができそうなので、ぜひお試しください!

最後までご愛読頂き有難うございました。
今後共、酒の勝鬨を宜しくお願い致します。